個別指導塾、集団指導塾、家庭教師の違い

塾を探していると目にするであろう「個別指導塾」「集団指導塾」「家庭教師」
この3つの違いはなんでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを交えてご紹介致ます。
個別指導塾とは
【メリット】
  • ・一人ひとりに合った柔軟な指導が可能
  • ・講師にいつでも質問できる環境
  • ・休んでも授業が先に進むことはない
【デメリット】
  • ・個別指導なので仲間との切磋琢磨が難しい
  • ・塾、講師の質によってブレが出る
個別指導塾はその子に合ったカリキュラム・テキスト・指導方法で学習を進められるので、学力向上はもちろん、自分に合った勉強の進め方を知ることでやる気も向上します。
ただ、その子の個性を見極める精度が低かったり、講師の質が悪かったりすると望むような結果を得ることは難しいでしょう。
集団指導塾とは
【メリット】
  • ・同じ目標を持った仲間ができる
  • ・仲間がいると良い刺激になる
【デメリット】
  • ・一人ひとりにあった指導が難しい
  • ・集中できない可能性がある
  • ・休んだら授業がどんどん進んでしまう
集団指導塾では仲間と切磋琢磨しながら学習を進めることができます。塾によっては学力によってクラスを変えて指導を行っているので、
ある程度のレベルやペースは合わせられますが、個人ベースでの学習は難しいでしょう。
また休んだ分だけ置いて行かれてしまい、消極的な性格の子は質問もしにくく、やる気がなくなってしまうケースも。
家庭教師とは
【メリット】
  • ・一人に合わせた指導が可能
  • ・家での勉強習慣が身につく
【デメリット】
  • ・料金が割高になる
  • ・教師との相性が合わない場合も
  • ・スケジュールに融通が利かない
家庭教師は家まで来て勉強を教えてくれるため、通学時間がなく安心なのはもちろんのこと、その子だけのペースで学習が可能です。
一方で教師との相性が悪ければ、勉強嫌いになってしまう可能性も。また教師も基本はシフト制のため、スケジュールに融通が利かない場合もあり、調整が難しいという声もあります。
まとめ
今後のためにも自分にとってベストな勉強法を知りたい、やる気を上げたい確実な成績アップを狙いたいという子には個別指導塾がおすすめです。
ある程度の勉強習慣と基礎学力があり、友達と楽しく塾に通いたいという子には集団指導塾が良いでしょう。
人がいると集中できない、家で勉強する習慣をつけたい子には家庭教師が向いています。
それぞれメリット・デメリットがありますので、親子でよく話し合ったり、友達の話を聞いてみたりして、最適な環境を選ぶようにしましょう。塾に限ったことになりますが、最近では体験授業を行っているところも増えていますので、いくつか体験に行ってみてから決めるのも良いと思います。

おすすめ学習塾徹底比較

4位 5位 6位
スクールIE 東京個別指導学院 明光義塾 森塾 スタンダード 栄光の個別ビザビ
総合評価
4.55
★★★★★
4.21
★★★★
4.13
★★★★
3.76
★★★★
3.51
★★★★
3.37
★★★
授業料/1回
約3,150円

約6,884円

約2,166円

約3,199円

約2,433円

約4,253円
受講スタイル
個別・1対2
担任制

個別・1対2
担任制
×
個別
1対3以上

個別
担任制

個別
1対2・1対4

個別・1対2
生徒個別診断
有り
×
無し
×
無し

有り
×
無し
×
無し
創業年数
31

30

36

22

18

22
校舎数
1,030

248

2,029
×
139

480

340
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト